mediaup

飲食店プロモーションメディアのパフォーマンスを最大化

Y’s & partners women’s career Case ofMAYU SHIMIZU

「人」と関わり「作品」を生み出す達成感

セールスプロモーション事業部清水 麻友MAYU SHIMIZU

INTERVIEW 01図面製作から営業へ

前職では、大阪の建築事務所で図面製作のお仕事をしてました。ものづくりが好きで建物の内装などを見るのは楽しかったです。でも、図面とにらめっこする日々になんだか疲れてきてしまい。「人」とかかわる仕事がしたい!と思い転職を決めました。また、働く条件としては、土日休みが魅力的だなと正直思いました(笑)
「人」を求めて転職活動していたので、もちろん会社のメンバーがどんな人がいるのかを重要視して面接に望んでいましたね。

当社の選考を受けてみて、2次面接で先輩二人(渡邉さん、中曽根さん)にお会いして、この人たちとだったら一緒に働きたいと思ったのが大きな決め手でした。お二人に共通していたのは「楽しそうにお仕事をしていること」・「気さくで話しやすい雰囲気」・「キラキラしている」ところで、こんな人達の仲間になりたいと当時思ったのを覚えてます。
入社してみて、メンバーのみんなにすぐに打ち解けることができました。ランチや仕事終わりのご飯なんかもチーム関係なく気軽にいける関係で楽しい毎日を送っていますね。関西エリアのクライアントを任されるようになり、関西への出張へよく行ってます。出身が関西なので、仕事で地元に帰れるのが実は嬉しかったりします!(笑)

INTERVIEW 02クライアントと作り出す作品

入社してすぐに自分のクライアントができていったことはやる気スイッチが入りましたね(笑)特に、何度も通ったクライアント先でどんどん自分が信頼されていっているなと感じることができるのは嬉しいですね。 クライアントにそれぞれに思い入れがあるため、それぞれの店舗で数字が上がった時は自分のこと以上に嬉しくて、すぐにお電話を直接かけて喜びを分かち合ってます(笑)
その中でも、自分のクライアントの店舗の食べログページが完成したときは特に印象に残っています。クライアントのお店に足を運ぶお客様がどうやったら増えるのか、お客様に魅力的に見える写真や構図は何かなど念入りに考えます。カメラマンの方を交えてディスカッションして作っていくクライアントのページは一種の「作品」だと思って取り組んでいます。

INTERVIEW 03プライベートの過ごし方

スポーツや体を動かすことでリフレッシュしています。 特に週末は、ロードバイクに乗って遠くに出かけたり、社内サークルでバスケット部に所属して他事業部の先輩と社会人リーグの試合に出たりしています!