mediaup

食べログ正規代理店Y's & partnersセールスプロモーション事業部ブログ

平成最後のGWが間もなくスタート!飲食店が抱える問題と解決策をご紹介!

2019.04.10

店舗運営 集客 食べログ

今年のゴールデンウィークは年号も変わることもあり4月27日から5月6日までの10連休になります。
普段よりお客様が増えるチャンスであるため、この10連休で想定される課題をおさらいし、その対策をいくつかご紹介します。

飲食店が抱える“課題”

①人材確保

普段から人手不足に悩む飲食店は多いですが、10連休となればより一層人材確保が大変となることでしょう。
対策
通常より早めにシフトを作成し、足りないところには既存の従業員に入ってもらうようお願いするのも1つの手です。
最近は超短期アルバイトを募集できるサービスもありあります。
弊社でも、ホールスタッフ、キッチンスタッフの派遣、紹介も行っておりますのでぜひお声がけ下さい。
お問い合わせはこちらから

②商品や集客

GWはレジャーや買物・旅行などを楽しみに外出する人が増えるため、繁華街や観光地にある飲食店は普段よりも多くのお客様を見込むことができます。
しかし、飲食店が密集しているようなエリアに立地している場合、競争相手も増えるため、何かお店に入りたくなるような仕掛けがなければ、来店に結びつけるのは容易ではありません。
対策
数多くのお店から、お客様が入りたくなるような仕組みを用意することが大切です。
新商品やキャンペーンなどで、平成最後や新元号最初と名付けた企画を打ち出すのも有効的です。
その際に、開始時期に向けて、ソーシャルネットワークを使って情報発信をしているなら「お店のアカウントで告知する」、メールマガジンをリピーター向けに配信しているなら「キャンペーン情報を事前に流す」など積極的に情報発信していきましょう。
また、食べログでのネット予約の在庫を確認し、取りこぼしのないよう、チェックしておきましょう。

③取引先業者との連携

連休が続くということは、食材や消耗品、保守メンテナンスなどを行う取引先も休みになる可能性があります。
特に、食材を配送してくれる業者が通常通り配送してくれるのかは重要な問題となってくるでしょう。
対策
GWの配送状況や、注文の締切日、万が一の場合の対応について確認しておく必要があります。
また、通常と配送状況や納品量が変わるのであれば、保管スペースを十分に確保できるかも確認しておきましょう。

ゴールデンウィークは、普段よりも飲食店の利用率が上がりやすくなります。
上記の項目をチェックし、普段より意識した集客を行うことでさらなる売上を目指しましょう。

この記事を共有する
営業メンバー募集中 食べログを活用して集客しませんか

食べログ・販促についての
ご相談はこちらから

お問い合わせ

最新記事一覧