【コロナに負けるな!】テイクアウト&デリバリーサービスのリアルな比較とご紹介!①

緊急事態宣言が解除されましたが、飲食店の皆様は特にご苦労されていることと思います。
当ブログを一時閉鎖しておりましたが、少しでも飲食店の皆様のお力になればと思い再開することとなりました。
毎月2回ほどの皆様のためになる情報の更新を予定しておりますのでぜひご必読ください!

テイクアウト&デリバリーアプリのご紹介

コロナの影響もあり、急激に需要が増えているテイクアウトやデリバリーサービス。
飲食店の皆様からも多くのご質問をいただく内容です。2回にわたってご案内していきたいと思います。
今週は、様々テイクアウト&デリバリーアプリとその特徴をご紹介していきます。

【Uber Eats】

アメリカに拠点を置くウーバーテクノロジー社が運営しているデリバリーサービスで、
特徴としては、個店からチェーン店まで幅広いジャンルのお店が出店していて、Uber側が配達員を持っているため配達員を用意する必要がありません。
ユーザーからは、他サービスに比べて配達が早くUIが使いやすいという声があがっています。
また、他サービスに比べやや手数料が高く、配達員の質がまばらであるなどの欠点もあります。

※現在コロナの影響で出店までに2~3ヶ月ほどかかるとのこと。
手数料:通常35% (自社配送12%)+初期費用5万円

お申込みページはこちら

 

【出前館】

登録店舗数2万店舗以上と、登録店舗数NO.1のデリバリーサービスです。
また2000年から日本で信頼され続けている老舗デリバリーサービスのひとつ。チェーン店が多く、ファミリー向けの印象が強いです。
安心感はありますが、手数料が40%と他サービスに比べて高いです。

※現在コロナの影響で出店までに2~3ヶ月ほどかかるとのこと。
手数料:通常40% (自社配送10%)+初期費用5万円

お申込みページはこちら

 

【タイミーデリバリー】

「スキマバイト」のタイミー社が新たに始めたデリバリーサービスとして話題を集めています。まだリリースされたばかりのアプリでエリアが限定されているのですが、なんといっても手数料が安い!他サービスは現在混みあっていてなかなか出店までに時間がかかるものが多いなか、まだリリースされたばかりとのこともあり、すぐ始めたいという方にはうってつけです。
手数料:通常15% +初期費用5万円(タイミーワーカーを活用する場合+タイミーワーカー費用)

お申込みページはこちら

 

【menu】

「最近CMもバンバン放映されている、menu株式会社が運営しているデリバリーアプリです。2020年4月にできた、新しいサービスです。
まだリリースまもなく対応エリアが限られていることがデメリットですが、今後範囲を広げて拡大するのは間違いないかと思います。
基本の手数料は以下の通りですが、2022円3月まで全ての手数料が無料のキャンペーンを行っているのでこの機会に登録するのはおすすめです。

手数料:デリバリー35%  テイクアウト13%+初期費用5万円

お申込みページはこちら

 

【食べログテイクアウト】

グルメサイトNO.1のメディア、食べログを運営しているカカクコム社の新しいテイクアウトサービスです。誰もが使ったことのある食べログかと思いますが、こちら別サービスとしてテイクアウトアプリをリリースしました。食べログの点数が載っていたりとユーザーからは見やすくなってます。手数料も他サービスに比べて安いので登録する価値はありそうです。

※現在コロナの影響で出店までに2ヶ月ほどかかるとのこと。

手数料:9% クレジット手数料2.6%~
お申込みページはこちら
 

【paypayピックアップ】

電子マネーのpaypayもテイクアウトの事前決済サービスを開始します。
6月1日~から開始される新しいサービスです。
paypay導入済店舗なら費用は一切かかりません。すでに2,000店舗以上の登録があるとのことです。

手数料:paypay 0円、クレジットカード・交通系ICカード3%~(別途機器代金が発生)

 
お申込みページはこちら

次週は、今回ご紹介したサービスの事例や最新情報をお伝えしていきたいと思います。

 

お問い合わせやご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA