インバウンドの大チャンス!?まもなくやってくる中国の「春節」

皆さん、「春節」はご存知でしょうか?
中国人観光客による”爆買い”が騒がれるようになってからはや数年、もしかしたら耳にしたことのある方も多くいらっしゃるかもしれません。

今回のテーマは、インバウンドに付随して中国の最大の連休についてお伝えします。
中国人の集客強化を図りたい飲食店は必見です!

中国最大の連休「春節とは??」

「春節」とは中国の旧正月です。
日本では馴染みがありませんが、中国では旧正月=旧暦の1月1日をお祝いする文化があり、なんといっても1年の中で最長の連休なのです。

通常、旧正月の前日から7日間がお休みとなり、土日と合わせれば10連休になることもあります。
中国版のゴールデンウィークと思ってもらえれば良いと思います。

2019年の春節はいつ?飲食店の対策は?

2019年の春節は2月5日です。
よって連休は2月4日から2月10日の7連休となります。

以前のインバウンド特集でも取り上げましたが、中国では、海外で買い物をした場合の関税が引き上げられたため海外旅行へ行く目的も「モノの購入」から「現地でしかできない経験」へ変わってきています。

それにより、百貨店での買い物ツアーよりも事前にインターネットやガイドブックで下調べをし自分たちでプランを考え観光する人が増えているのが現状です。

中国本土では独自のSNSしか見ることができないので飲食店では、特に中国人の方にたくさん口コミを広めてもらうのが一番です!
そこで、食べログやSNSで口コミを増やすためのポイントをいくつかご紹介します!

中国人にたくさん口コミを広めてもらうには?

①とにかくその国のオリジナリティを堪能したい!

中国人はモノよりも経験、すなわち、日本独特の繊細な味付けを一度は味わいたいと考えています。
焼き魚、天ぷら、たこ焼き、焼肉、ラーメンなどは特に人気。
メニューを紹介する際はぜひオススメしてみてください!

②食べ歩き大好き!

中国では買ってそのまま食べ歩く文化が浸透しているため日本ではあんなもの!?と感じる食べ物でもすぐ買って食べ歩く中国人が多いです。
ランチ時におすすめメニューを店頭で販売してみるのもアリです!

③写真を動画も大好き!

中国人は写真や動画に残す文化があります。
「写真映え」「インスタ映え」するような盛り付けはもちろんのこと、席にお料理を運んでから、火をつけたり、かき混ぜたり、パフォーマンスをしてみるのはいかがでしょうか?
また、そういった「映え」の写真を食べログのメイン写真や代表写真に登録しておくと、同じような写真を撮りたい!という方を多く集客することも可能です。

まとめ

あと2週間ほどで訪れる、春節。
都内の観光スポットでは多くの中国人が観光すると思います。
一言説明を足してあげたり、ほんの少しのアレンジを加えることで日本のおもてなしを伝えることができるのでぜひこの機会に海外から来たの観光客向けのサービスもご検討してみてください!

お問い合わせやご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA