必見!スマホで手軽に「美味しそうな料理写真」を撮るためのポイントとは?

最近お店の情報をSNSで発信する事が当たり前になってきております。
「もっとセンス良く写真を撮りたい!」「もっと美味しそうに撮れないかな?」とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
そこで、今回はいつもの写真をワンランクアップさせる撮り方をご紹介します!

スマホで手軽に「美味しそう」に撮るための5STEP

STEP1「撮影イメージを固める」

  • ・この写真で「何を伝えたいか」を明確にする。
  • ・主役を決めて、主役が一番魅力的に見える角度を探す。
  • ・「何を」「どういう目的で」使用するのかを明確にする。

料理写真サンプル
※構図を決める時の目安になるグリッドを設定することをオススメします。
 機種によって設定方法は異なりますが、iphoneであれば[設定]→[カメラ]→[グリッドをON]の手順で常にグリッドを表示させることができます。

STEP2 一番大事!!「光をよくみること」

  • ・「光の量」「光の質」「光の方向」がポイント。※料理には柔らかい光がオススメです!
  • ・半逆光、逆光で料理にツヤやテリがでます。
  • ・レフ版で影をコントロールする。

STEP3 「望遠レンズで美しく」

  • ・スマホカメラは広角レンズが標準装備
  • iphone7plus,8plus,Xは望遠レンズ搭載/アンドロイドは機種により望遠レンズ搭載
  • ・広角レンズ、望遠レンズの特性を知り、活かす。
  • 【広角レンズ】広い範囲を写し、遠近感を強調する。歪みがある。
  • 【望遠レンズ】狭い範囲を写し、まっすぐ正確に。ボケを作りやすい。人物、雑貨、料理撮影等で活用される。

STEP4「ピント・明るさを合わせる」

  • ・主役を決めたら、画面の主役をしっかりタップしてピントを合わせます。
  • ・iphoneの場合は同時に明るさ調整もできます。

STEP5「編集する」

  • ・簡単な編集だけでも、グッと写真が印象的に、良くなります。
  • ・まずは感覚で触ってOK!露出、コントラスト、彩度から始めてみましょう。
  • 【露出】数値を上げると明るく、下げると暗くなる。
  • 【コントラスト】日差しを表現したい、肉料理等力強く見せたい料理は、数値を上げて明暗を強くする。
  • 【彩度】色鮮やかな野菜や料理は、数値を上げることでより色彩の印象が強まる。


5つのポイントを押さえて、料理写真を素敵に撮ってみて下さい!

お問い合わせやご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA