東京オリンピックを味方に。今からできる対策とは?

2019年5月9日(木)より、いよいよ観戦チケットの抽選申込が始まりました。
注目度は高まる一方で、一部メディアでは「通勤時間帯の公共機関は乗車率が200%になる」と予想しています。
影響を受ける可能性のある飲食店とは?

影響を受ける可能性のある飲食店とは?

①ランチ利用

主に東京オリンピック会場付近の飲食店が影響を受けるでしょう。
以下、1都1道7県は入念な事前準備が必要です。

  • <東京都>
    ・新国立競技場(開会式)
    ・東京体育館(卓球)
    ・日本武道館(柔道、空手)
    ・東京国際フォーラム(ウエイトリフティング)
    ・有明アリーナ(バレーボール)
    ・馬事公苑(馬術)
    ・武蔵野森総合スポーツプラザ(バトミントン、フェンシング)
    ・東京スタジアム(サッカー、ラグビーなど)
    ・武蔵野森公園(自転車競技)
    など

    <神奈川県>
    ・江の島ヨットハーバー(セーリング)
    ・横浜スタジアム(野球・ソフトボール)
    ・横浜国際総合競技場(サッカー)

    <千葉県>
    ・幕張メッセAホール(テコンドーレスリング)
    ・幕張メッセBホール(フェンシング)
    ・釣ヶ崎サーフィン会場(サーフィン)

    <埼玉県>
    ・さいたまスーパーアリーナ(バスケットボール)
    ・霞が関カンツリー倶楽部(ゴルフ)
    ・埼玉スタジアム2002(サッカー)

    <静岡県>
    ・伊豆ベロドローム(自転車競技)
    ・伊豆マウンテンバイクコース(自転車競技)
    ・富士スポードウエィ(自転車競技)

    <茨城県>
    ・茨城鹿島スタジアム(サッカー)

    <福島県>
    ・福島あづま球場(野球・ソフトボール)

    <北海道>
    ・札幌ドーム(サッカー)

    <宮城県>
    ・宮城スタジアム(サッカー)

詳細につきましては、以下公式HPをご確認ください。
https://tokyo2020.org/jp/games/venue/

事前に準備しておきたいこと

①キャッシュレス化

日本はキャッシュレス後進国と言われており利用率は約20%ですが、中国は60%、アメリカは46%です。
日本も東京オリンピックに向けて40%を目指すという動きがあります。

世界共通のものはVISAやMASTER等のクレジットカードです。
手数料は3~5%と言われていますが、外国人観光客を見込んで導入していただくことが理想的です。

難しい場合は、今話題のQRコード決済がおすすめです。
導入費用や手数料がかからないものもあるようなので、事前に取り入れて操作に慣れておくとスムーズですね。

②外国人対応

今から語学を習得しよう!と言ってもなかなか難しいですよね。
今のうちに英語の堪能なスタッフを雇ったり、英語のメニューを作成しておくとよいでしょう。

また、日本と異なる文化をお持ちの外国人もいらっしゃいます。
何の肉か・乳製品は入っているか等、食材の確認をしておくことが大切です。

まとめ

東京オリンピックでは想像を超える人の出入りがあります。
準備を入念にしておけば、この機会に大繁盛も夢ではないでしょう。
まだ1年あります。しっかり対策していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA