飲食店のキャッシュレス化が加速!電子マネーからQRコード決済へ!

2020年の東京オリンピックに向けて、飲食店だけでなくコンビニでもキャッシュレス専用のレジができたり、キャッシュレス決済で支払われる額が年々増加しております。
オリンピックを皮切りに、観光客だけでなく日本人のキャッシュレスでの支払いも増えてくるでしょう。
 
日本のキャッシュレス化はSuicaやEdyなどの電子マネーが牽引してきましたが、近年QRコードを利用したキャッシュレス支払も出始めております。

QRコード決済とは?

スマートフォンでQRコード(二次元バーコード)を読み取ることで支払いを完了させるサービスです。
利用者は専用アプリを開いて、店舗が提示するQRコードを読み取ったり、アプリに表示されたQRコードを店舗に読み取ってもらったりするだけなので、とても簡単に支払を済ませられます。
 
中でも、「LINE pay」はQRコード決済に対応できる「レジ機能」に加えて、店舗アカウントと連携することで、友だちとコミュニケーションがとれる「メッセージ配信機能」を備えております。
再来店のきっかけとなるキャンペーンの案内やクーポンの送付などの販促施策も打つことができます。
 
食べログ内では、支払方法について詳細情報に掲載できますが、まだ「QRコード決済」の項目はありません。
「QRコード決済」可能な場合は、備考欄に「QRコード決済可能」の文言を必ず登録しましょう。
また、中国人観光客が多く利用する「銀聯」についても登録しましょう。
お問い合わせやご相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA