Googleで順位が下がる?!スマホ対応していないサイトは要チェック!

「スマホ最適化していないサイトは、モバイル検索で順位が下がる?」というトピックスは既にご存じでしょうか?
Googleは2015年4月21日より、スマートフォン利用に最適化されたサイトが、「モバイル」での検索結果で優遇されやすくなるように変更されました。
参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
簡潔に言うと、「スマホ対応していないサイト」=「モバイルフレンドリーではなくスマートフォンユーザーが使いにくいサイト」として、
スマートフォンでの検索において順位が下がる可能性があるということです。

モバイルフレンドリーって何??

スマートフォンで読みやすいか、スマートフォンでの表示を想定されてサイトが制作されているかということです。
自社のサイトがモバイルフレンドリーがどうかは、分析し結果がすぐわかる「モバイルフレンドリーテスト」がGoogleで用意されてます。
実際に、弊社のサイトをモバイルフレンドリーテストした結果が下記です。
モバイルフレンドリーテスト結果
上記はモバイルフレンドリーの良い結果ですが、モバイルフレンドリーでない場合は、細かく指摘事項がレポートされます。

どのような対策が必要か??

1.まずは、モバイルフレンドリーテストを行いましょう!
その結果、モバイルフレンドリーでない場合は、サイトの改修を検討しましょう。
どう改修すれば良いのか?要は、「スマートフォン向けサイトが用意されている」もしくは「レスポンシブウェブデザインで構築されている」であれば、おおかたSEO上の大きな問題はないと言えます。
「レスポンシブウェブデザイン」とは、PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズをWebサイト表示の判断基準にし、
ページのレイアウト・デザインを柔軟に調整するサイトのデザインのことです。
「スマートフォン向けのサイトを用意する」ことは、二元管理になってしまうため、飲食店の場合は、メニュー変更等の定期的なメンテナンスで負荷がかかります。
弊社では「レスポンシブウェブデザイン」のサイト制作を推奨しております。
モバイルフレンドリーテストやサイトのご相談も無償でお受けしております。
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA